Re-パイプシステム工法協会

調査・診断

管内カメラ調査

概 要

長距離走行型デジタル伝送TVカメラ装置を管路内へ挿入し、ひび割れ状況、堆積物の有無および継手部接合状態等により管の劣化状況を把握できます。
長距離走行(最大600m)に対応し、人孔が少ない路線でも効率よく管路内の調査が可能であり、農業用水管路等の機能診断・ストックマネジメント事業に有効な調査技術です。

特 長

  • 適用口径300mm~900mm
  • 対象管種DCIP、CIP、FRPM管、PC管、RC管、鋼管、塩ビ管、PE管
  • 調査項目管路内部の状況、継手部の接合状態管内面ひび割れ有無・長さ、管扁平率等
  • 調査延長最大600m
  • カメラ性能高感度型カラーCCD、カメラヘッドは上下(0~±110°)首振り、左右(エンドレス)旋回が可能
  • 防水仕様水深1m、30分の使用で内部への浸水なし
  • 施工性左右独立駆動方式及びセンサー内蔵により走行時のローリング(傾き)補正が可能

◯=走行可能 △=タイヤが空転する場合がある ×=走行不可
※実際の走行性能は管内面状況により異なります。

内面載荷システム(開発中)

概 要

内面載荷システムは、既設管内面から内圧載荷装置によって加圧した時に発生する変位量を、高感度変位計で計測することで既設管の残存強度を評価する非破壊診断技術です。
本システムは、経年劣化が予想される既設管の現有耐力を定量的に評価することができ、管内カメラの調査結果と共に活用することで、より効果的な管路診断が可能となります。
なお、本システムは鳥取大学農学部と共同開発中です。

(グラフはイメージです)

© Re-Pipe System Association All Rights Reserved.

pagetop